HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定

2016.11.24

美しいキンモクセイを咲かせるための剪定

美しい花と言うと色々ありますが、キンモクセイの花が好き、という人は多いでしょう。
鮮やかで上品なオレンジ色のそれは、見る人に強い印象を残しますが、それでいて派手すぎない、あでやかな存在感が魅力的です。強烈すぎるものを好まない日本人にとっては、なじみ深く、好ましい花でもあるでしょう。
そんな理由もあってか、日本では古くから親しまれてる木の一つであり、自分の庭で趣味で育ててみたくなると言う人もいるでしょう。日当たりが良いに越したことはありませんが、日陰でもある程度は育ってくれますから、庭木として親しみやすい木、彩として魅力的な木であることは間違いありません。

そんな人にとっておぼえておきたいのは、やはり手入れである剪定をどのようにしたらよいか?ということではないでしょうか。剪定の出来次第で、花の咲き具合も変わってきますから、キンモクセイが好きで育てているという人にとっては、剪定のタイミングや手法は覚えておきたい必須事項と言えます。

花が咲かなくても良いならどの時期でも剪定可能

キンモクセイの剪定の場合、ベストとされる時期は2月から3月だと言われています。花芽をつける時期が7月から8月になりますから、この時期のために枝を切りそろえておく必要があるからです。開花を楽しむのはあくまでも秋ですが、このくらいの時期から剪定をしておかないと、せっかくの開花を楽しめなくなってしまいます。

また、開花をしなくてもよいと言う人も中にはいるでしょう。基本的には、そこを気にしないのであれば剪定の時期は自由です。成長が早く枝が長くなりやすいキンモクセイは、そうでなくても細かなメンテナンスが必要となります。
真冬のような完全な休眠時期にでも剪定をしない限りは、基本的にオールシーズンで剪定して問題のない木となります。ただし、花のことをきちんと考えて上げるのであれば、時期の選定が必要となることは覚えておかなくてはなりません。

切る時は繊細に

剪定の時の長さとしては、その年伸びた枝から1・2節残して剪定するのが理想的と言われています。枝をきちんと残しておかないと花が咲かなくなってしまいますから、残す枝は必要です。ただし、あまり枝を残しておいてもむやみに増えて行ってしまいます。枝も年々太くなっていってしまいますから、何年かに一度はそれも切り落とし、翌年咲く花の量をコントロールしてあげましょう。

剪定の際、あまり細やかなペースや切る長さを気にしなくても良い植物もありますが、キンモクセイの場合はこのような微細なコントロールが必要となります。
難しい反面、自分のさじ加減で育て方を変えていける楽しみが味わいやすい植物だとも言えます。他の木はある程度いじってきたけどキンモクセイはまだ、という経験者の方にもおすすめです。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定