HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに

2016.11.09

怖いのはチャドクガ

単に枝葉の形を整えるだけが剪定ではありません。
もちろん、育っていく木を美しく健康に、イメージ通りに育てていくために行う作業でもありますが、剪定の目的はそれだけに限りません。
余計な葉が増えれば日光は当たりづらくなり、せっかく枝葉が生い茂っていても、栄養が行き渡らずに中々実が育たないということにもなりかねません。
また、そのようにうっそうと生い茂った木の中では、日陰も増え、害虫のトラブルが起きやすくなり、繁殖の温床となってしまいます。

例えば、サザンカの木でも同じことが言えます。サザンカの場合、気を付けなくてはいけない害虫としてチャドクガが挙げられます。毒針を身体に備えたこの害虫は、放っておくと様々なトラブルを巻き起こします。この針が単に皮膚についただけでもかゆみが止まらなくなったりするらしいですから、剪定の際には気を付けなくてはなりませんし、剪定する時の意図として「害虫駆除」をしっかり意識する必要があるでしょう。

サザンカと言えば、家の周りの囲いとして生やしている家庭もあるはず。元々、日当たりの良い場所・悪い場所を問わずに育てることができるため、庭木としては比較的適しています。
古くから日本人に愛されている木だと言えるため、古き良き日本家屋には必ずと言っていいほど生えていると言えるでしょう。その中にガが繁殖してしまったのでは、せっかくの美しいたたずまいも台無しになってしまいます。

剪定は大きく二回。切りすぎるリスクを恐れずに切っていくの大切

そんなサザンカの剪定ですが、大きく分けて二回の時期で行います。
一回目は3月から4月の時期。この時期はサザンカの花が終わった頃で、翌年の準備として剪定を済ませておきます。花が終わった直後に剪定するのがよしとされ、その時期に少し芽を残しておくと、来年の同じころにほどよく花を咲かせてくれると言います。
開花が終わって夏が近づいてくると、今度は害虫がわきやすい季節にもなってきますから、このタイミングである程度木をさっぱりさせておく必要があります。

二回目は11月から12月。このタイミングで剪定をして、近づいてきた開花時期に咲かせたいイメージを膨らませながら剪定を行います。どちらかと言えば、無駄な枝などを切り落としていくイメージです。
サザンカ自体は樹勢が強い方になる木ですから、切りすぎるという心配はあまりしなくてもだ丈夫です(むしろ、あまり切らないで日影が増えてしまう方が問題があります)ちなみに、サザンカは比較的枝の先端に花を咲かせる植物なので、あまり深く切りすぎると芽が出なくなってしまうので注意が必要です。
とはいえ、たくましく育ってくれるこの木は、剪定しがいがある植物ですから、きちんと手入れをして、健康に美しく育つようにケアしていきましょう。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定