HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール

2016.10.12

伸びた後のイメージを常に忘れずに

柿の木のように、大きめな果実がなる木の剪定を行う場合、イメージとして「実がなる時にどうなっているか」ということをイメージしなくてはなりません。どんな木の剪定でも同じことが言えますが、成長する過程でどのように枝が育っているのか?ということも想定しなくてはなりません。剪定の経験が浅いとイメージが難しいかもしれません。ですが、これが髪の毛であったとしても、散髪を頼む時には髪の毛がある程度伸びた時をイメージして散髪を頼むでしょう。感覚としては、それと似たような部分があると思います。 例えば柿の場合、休眠後に育っていく枝が上よりも横に生えるように意識して剪定を行います。放っておくと上に生えて行ってしまうからそうするのですが、なぜそうするかと言うと横に生えないと果実が採取しづらかったり、手入れが難しくなってしまうためです。 使う道具は剪定ばさみにのこぎりと、普通の樹木と変わりはありませんが、その点に気を付けながら剪定に取り組む必要があります。

切るのは12月から2月でも、イメージするのは秋

柿の木を剪定するタイミングは12月から2月の間が理想的と言われています。要は、この時期から木自体が休眠に入るタイミングだからです。タイミングの目安としては、葉が散りはじめた辺りが良いと言えるでしょう。それが休眠の合図となり、不要となった枝を切り落とすころあいだと言えるからです。 先述したように、このタイミングから果実の収穫やその後の整枝のことも考えてあげる必要があります。実がなるのは秋。そのタイミングまで視野に入れてハサミを入れていかなくてはなりません。柿の木は上に上に育っていく性質がありますから、剪定の段階でできるだけ横向きに生えている枝を残してあげることで、その後のケアや収穫がだいぶ楽になります。ただし、横向きに育てていく場合にも、庭から枝が飛び出さないように注意しましょう。

技術を上げて木の成長を明確に思い描けるように

剪定の技術をさらに高めていけば、近い将来で育っていく木の成長は、限りなく剪定した人のビジョンと近いものに仕上げることができます。 柿の場合、実の収穫を前提として育てている人の方が多いですし、毎年のように行う剪定の質はしっかりと高めておけば、安定した収穫と木の成長を促すことができます。枝を切り落とすということは実のなる枝を絞るということでもありますから、その切り加減によってどのくらい実をならせるのか、ということをコントロールしたり、栄養の行き渡り加減を調整することができます。 どのようなビジョンで木を育てるのか?そこを明確にして、イメージ通りに実がなるような剪定技術を身に付けましょう。

植木屋さんコラム一覧

2017.04.24
人気の庭木・アジサイの特徴。花色キープと剪定のコツを覚えよう
2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定