HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り

2016.08.08

小さな庭作りも工夫しだい

庭を作るほどのスペースがない、と庭作りをあきらめていたりしませんか?

「あなたの街の植木屋さん」の近隣は世田谷区、大田区になりますが、そこは地価が高い東京都内。地価の高騰もあり、地方に比べて一軒あたりの敷地面積は狭く、庭用に広い土地を確保することが難しいというのは多くの方が抱えている条件でもあります。

富裕層エリアとして名高い世田谷、大田区でもあるので、なかにはびっくりするほど広大な庭をお持ちの方もいらっしゃいますが、誰しもそうそう広大な庭を持っているわけではありません。

庭作りというと大きな庭をイメージするかもしれませんが、たとえ敷地が狭くても、土質や環境などの条件が悪くても、いびつな地形をしていても、工夫しだいで庭を作ることはできるのです。

京都から引き継ぐ小さな庭作り

以前述べた玄関アプローチも小さなスペースを工夫して作ることが多いですし、大きな庭も小さな庭も庭作りの基本は変わりません。

わずか1坪ほどのスペースでも、植木屋がもつ庭作りのノウハウを活かしながら、その条件を上手に生かした素敵な庭を作ることができます。

当社「あなたの街の植木屋さん」の代表でもある松本は京都の職人から技術を引き継いでいますが、京都といえば町家(町屋)の中庭や坪庭、茶庭なども有名です。
いずれも狭い限られたスペースの中で、美しい空間をつくりだし、小さな庭にわびさびを感じられるように演出されています。

ちなみに、中庭は三方もしくは四方を囲まれた屋根のない庭のこと、
坪庭は塀や垣根、建物などに囲まれた小さな庭で採光や風通しを目的とした庭のことです。

小さな庭ほど植木屋の腕が試される

また多くの植木屋が「狭く限られたスペースや、いびつな地形ほど腕のふるいがいがある」ということを言います。地形のいびつさや狭さは庭作りの障害にはならず、むしろ工夫のしがいがあるキャンパスとなりうるのです。

いびつな地形であれば、植栽を工夫することで広がりを感じさせることもできますし、高低差をつけて奥行きを出すこともできます。木の植え方も左右対称のような定型よりも不定形な植栽をよしとし、そこにわびさびを見出してきました。

敷地が狭くとも、小さくとも、広く見せるテクニックはありますし、むしろ土地が広大とはいえない日本です。京都でも東京でも小さな庭作りは古くから発展してきました。 それに狭いということは、それだけ日ごろの管理がしやすく楽になりますし、費用が安く抑えられるというのも大きなメリットでしょう。


どんな狭いスペースでも、あなたの庭を作りたいという思いと、作りたい庭のイメージがあれば、それをカタチにするため精一杯お手伝いさせていただきます。
「あなたの街の植木屋さん」は京都ゆずりの技術と東京での経験を併せ持ち、ここ東京・神奈川でふるっています。
小さな庭作りもお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定