HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル

2016.07.08

意外とたいへん?剪定した枝の処理

庭木の剪定をおこなうと、当然切り落とした枝葉が出てきますよね。ご自分で剪定を行ったとき、意外とたいへんなのが切り落とした枝葉の処理だということはよく聞きます。たいていのご家庭では、束ねて燃えるごみの日に出していることが多いようです。定期的な剪定をしていれば枝葉の量も少なくてすみますが、中には剪定を何年か怠った結果、大量の切り落とした枝葉が出て何十キロもある、なんてことも少なくないようです。特に枝葉だけでなく幹を切った場合などは、細かく処理する必要も出てきます。自治体によっては「長さ〇センチ以内に木って紐で束ねること」などの条件が細かく決められているので、手間暇もかかり頭を悩ませることにもなります。専門の業者に依頼したり、軽トラをレンタルして処理するなど、方法はいくつかあるとは思いますが、近年注目されているのが「緑のリサイクル」と呼ばれる剪定枝の再利用です。

剪定枝の処理は「緑のリサイクル」で再利用

以前は切り落とされた枝葉や幹は、たき火のように燃やして処理されていました。
しかし、現在は二酸化炭素の放出や火災の問題、資源の有効活用といった点から、積極的に剪定枝を再利用しています。多くの自治体が「緑のリサイクル」という名でおこなっているのですが、枝を専用の機械で粉砕してチップ化することで、公園の園路のクッション材として活用したり、堆肥などの原料として販売されたりしています。
取り組み方はその自治体によって異なるので、処理費用がかかる場合もあれば無料のところもありますし、自分で持ち込まなければならない場合もあれば、回収に来てくれるところもあるようです。
先進的な取り組みをしている自治体では、チッピングロータリーという樹木粉砕専用車が剪定現場でチップ化したり、堆肥化したものを安く分けてくれるところもあります。剪定枝の処理に困ったときは、まずお住いの自治体に問い合わせてみるといいでしょう。もちろん「あなたの街の植木屋さん」でも剪定枝の処理も引き受けています。

落ち葉の再利用、腐葉土作り

剪定枝の再利用を述べたついでに、落ち葉の再利用についても述べておきましょう。
落ち葉もそのまま処理してしまうには少々もったいない資源です。落ち葉の有効利用として、腐葉土作りがあります。腐葉土は時間と手間をかければ自分でも作ることができる堆肥で、土をふっくらとやわらかくし、通気性や水はけをよくする効果があります。簡単に作るには落ち葉を庭の隅などに集めるか、もしくはスペースがあれば穴を掘って落ち葉をいれてもいいでしょう。ビニールシートなどで覆い、上から置石などで重しをし、ときどき水をかけて落ち葉を混ぜながら発酵させていきます。通常は半年から一年くらいで完成させますが、市販されている発酵促進剤などを混ぜればより早くできあがります。発酵が進み、色が黒くなったら腐葉土の完成です。

最近では家庭で使えるような小型の粉砕機もあるのですが、場所もとりますし、誰しもが持つようなものではないですよね。剪定するときに出るゴミの量を減らすためにも、やはり定期的な剪定をおすすめします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定