HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる

2016.06.27

樹木を育てることはプラスの感情をもたらす

前回のコラム「植木屋さんは健康体?庭いじりのススメ」で、緑と触れあう庭いじりが心身の健康によい効果をもたらすと述べました。実際「園芸療法」という言葉があるのですが、これは庭木や草花・果樹といった植物を育てる体験を通して、心身の機能を改善するという療法です。植物を世話して育てる中で「自分の手で育てている」という自信や自尊心が生まれ、生長を待ちわびる期待感も伴います。そして花を開かせたとき、実をつけたときは、きっと喜びや満足感を感じることができ、私たちに多くのプラス感情をもたらしてくれるのでしょう。
特に庭木の場合、美しく育てるためには剪定が必要になりますが、それには樹木の性質や特性をよく知っておくことが大切です。樹木の性質を知れば、自分での剪定も判断がしやすくなりますし、剪定した枝がどんな伸び方をするのか、どんな庭をつくり出していくのかというように、庭を見る楽しみが何倍にもなっていくでしょう。

知っておくといい樹木の性質

樹木はどのように育ち、どのように枝を伸ばしていくのか。多くの樹木は共通した性質をもっています。これらを知っておくと、剪定をするときどの枝を切るのか、どの枝を残すのかといった判断の目安にすることができます。

■太陽に向かって枝葉を伸ばす
多くの植物がそうであるように、樹木も太陽に向かって枝を伸ばしていきます。ですから日のよく当たる部分の枝がよく伸びることで、樹形がいびつになってしまうのです。また枝が密生してくると内部に日光が届かなくなり、内側の枝が枯れてしまうこともあります。剪定によって樹形のバランスをとり、日光が均等にあたるようにしてあげます。

■上向きの枝は強く伸びる
樹木には上方向に伸びる枝と横方向に伸びる枝があるのですが、上向きの枝は勢いよく伸びる傾向があります。放置しておくと丈が高くなりすぎたり、不格好になってきてしまいます。上向きの枝は剪定して、なるべく横方向に枝を伸ばすようにしてあげます。

■先端に近い芽ほど強く伸び
枝の先端についた芽(頂芽=ちょうが)は、枝の途中につく芽(わき芽)より生長が強く速いという性質があります。逆に先端の芽を切り取ると、すぐ下の芽が急に生長を始めるので、この性質を利用して主枝を切り替えたり、伸びを抑えたりすることがあります。

■枝数が多いほど伸びも速く幹も太くなる
枝数が多いということは、葉も多くなります。そうなるとよりたくさんの栄養分が作られるので、必然的に勢いよく生長し、幹も太くなってしまいます。剪定で枝数を減らし、伸びる勢いを均一にすることが大切です。

■枝分かれの少ない枝のほうが伸びは強い
元の太さが同じ枝をくらべた場合、枝分かれの少ない枝のほうがよく伸びます。栄養分がそこに集中するためですが、それに対して、枝分かれの多い枝は養分が分散されるので強く伸びません。伸びを抑えるためには、枝分かれの少ない枝を剪定し、枝分かれの多い枝を残すようにします。

簡単にではありますが、樹木は以上のような性質を持っています。剪定によって残した枝がどんなふうに伸びるのかを見るのは、成長を見守るような気持ちになりますし、剪定に慣れてくるとイメージした樹形づくりができるようになってくるでしょう。
日々庭を眺めることができ、移り変わりを見ることができるのは、庭のオーナーであるお客様自身です。樹木の性質を理解していくと、庭に深い関心と愛着が芽生えるかもしれませんよ。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定