HOME > 植木屋さんコラム > お知らせ > 庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界

植木屋さんコラム

植木屋さんコラム

庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界

2016.06.08

夜の庭をライトアップして神秘的な空間に

剪定や刈込みなどの手入れをして、美しい景観をつくり出している庭。その庭を昼間しか見ない、というのは非常にもったいないことです。夜の庭というのは、樹木がつくり出す暗闇でちょっと怖いような印象を受けるかもしれません。しかし、ライトアップを上手に活用することで、昼間とはまったく違った雰囲気を楽しむことができるのです。
ライトというと、クリスマスのイルミネーションのようなものを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、ライトアップは建物や植物に光を当てることで浮かび上がらせ、美しい景観を演出することです。夜の静寂の中、明かりに照らされた庭を眺めながらすごす・・・ライトアップすれば、一年中ナイトガーデンを楽しむことができるでしょう。

おしゃれで安全なライトアップ

そんなライトアップですが、もちろんただ照らせばいいというわけではありません。
ちょっと大きめのホテルや旅館の庭やアプローチ(道路から玄関までを結ぶ通路)を思い起こしていただけるとイメージしやすいかもしれませんが、景観と同時に実用のためにも使われていることが分かると思います。
日が暮れて見えづらくなってきた夕刻、玄関まで導くように配置された照明は私たちを案内してくれますし、階段や段差も安全に歩くことができます。また庭のライトアップは不審者の侵入を防ぐといった効果もあります。不審者は暗闇などの人の目の届かないところを狙いますから、適度な明るさは侵入しにくい心理的効果を生み出します。
何より明かりによって作り出された光と陰は、日中とはまた違った趣を見せてくれることになるでしょう。この観賞と実用の両方を有効的に生かすためには、計画的なライトアップが必要になってきます。

虫が寄りにくい?LEDを使うメリット

ライトアップというと光熱費やメンテを気にする方も多いですが、最近はLEDが普及したおかげでかなり楽になりました。白熱球の寿命が1500~2000時間というのに対して、LEDの寿命は約40000時間と言われています。これは一日10時間使ったとしても10年以上は交換不要ということになります。消費電力も圧倒的に少ないので、電気代も安く抑えることが可能です。
またLEDを使ったライトアップのメリットとして、虫が寄りつきにくいということがあります。虫たちは紫外線に反応して明かりに集まるのですが、LEDはほとんど紫外線を出しません。さらに赤外線もほとんど出さないため、熱も出しにくく、周辺の植物を痛めない、というのも大きなメリットと言えるでしょう。庭に玄関に気兼ねなく設置しやすいのです。

少々LED普及の事業者みたいになってしまいましたね。
照明の上手な使い方は「陰をつくる」ということです。庭には空間の演出という役割もあると述べましたが、光と陰、明るい所と暗い所のコントラストが庭に奥行きを感じさせてくれるのです。日中とは違ったもうひとつの庭づくりを試してみると、今の庭を何倍も楽しむことができるのではないでしょうか。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

植木屋さんコラム一覧

2017.03.21
清浄感を感じさせるのがアオダモの特徴。庭に高原の雰囲気をもたらすシンボルツリー
2017.02.22
美しい樹形で庭木におすすめ。アオハダの特徴
2017.01.13
植木職人に必要な道具は?
2016.12.13
芝刈りはいつ行えばよいのか
2016.11.24
強く美しいキンモクセイを育てるために必要な剪定
2016.11.09
サザンカの剪定。しっかり切って、害虫対策まで忘れずに
2016.10.31
タイミングと見極めが重要なつつじの剪定
2016.10.12
柿の木の剪定で実のなる木の成長をコントロール
2016.10.04
難しいのは剪定時期。梅の剪定はいつすればいい?
2016.09.28
東京都内でも増加中!庭木の病害虫対策はどうしたらいい?
2016.09.13
常緑樹と落葉樹は6対4で植えるとよい?その理由とは
2016.09.06
生活スタイルに合わせて模様替え、庭のリフォーム『リガーデン』
2016.08.17
一度は味わいたい!芝生の庭での優雅なひととき
2016.08.08
狭いからとあきらめないで!植木屋ができる小さな庭作り
2016.08.02
日陰でも庭作りを楽しみたい、ガーデニングを楽しみたい
2016.07.27
住む人の性格がわかる?玄関アプローチとは
2016.07.22
コニファーの品種選びに四苦八苦、おすすめはありますか?
2016.07.20
どうして庭は荒れてしまう?植木屋が考える庭の管理に必要なこと
2016.07.15
目立ち、美しく、庭に映えるシンボルツリーを植えてみよう
2016.07.12
人気の庭木、コニファーで作る庭
2016.07.08
剪定した枝の処理はどうしてる?すすむ緑のリサイクル
2016.07.04
『木が暴れる』とは?剪定の失敗
2016.06.27
樹木の性質を知れば、もっと剪定が楽しくなる
2016.06.22
気になるお庭を拝見、オープンガーデンとは
2016.06.17
ちょっとまった!剪定してはいけない時期があるんです
2016.06.15
どの枝から切るべきか?剪定に迷ったらまずは不要枝
2016.06.13
剪定の基本3種類を知っておこう
2016.06.10
ストレスがあったら庭に出よう!植木屋さんが健康的な理由
2016.06.08
庭の顔は昼だけじゃない!ライトアップすれば夜の庭は別世界
2016.05.30
庭木にとって大切な条件、土
2016.05.25
生け垣とは?刈り込むほど美しくなる庭木
2016.05.23
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(後編)」
2016.05.18
自分でも庭木の剪定をしてみたいと思ったら!?そろえるべき道具はこの3つ(前編)
2016.05.16
放っておいたらどうなる?庭木の剪定をする目的とは
2016.05.12
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その3
2016.05.09
思った以上に多い?植木屋が考える庭木の役割 その2
2016.05.06
思った以上に多い?世田谷で活動する植木屋が考える庭木の役割
2016.05.04
世田谷の植木屋が植木一本からの剪定もお受けする理由
2016.05.03
世田谷の植木屋が語る〜なぜ庭木の剪定は必要なのか
2016.05.03
ホームページ正式オープンしました!世田谷区の植木屋
2016.04.28
あなたの街の植木屋さん 5月初旬 ホームページ完成予定